ブログトップ

機械の代行

投稿日時:2015-12-03 18:30:05

現在、私たちの生活は、非常に便利になっています。2005年にはガラケーと言われる、ガラパゴス携帯が主流でしたが、たった10年でスマートフォンが普及し、今では誰でも使っているような機種となっています。このように便利になるというのは大変嬉しいことですが、その反面、機械によって仕事を奪われた人が増えていくのではないでしょうか。

私は、紙関係の仕事がこの先減っていくのではないかと考えています。例として、新聞は月に固定費さえ払えば、朝早くに発行され、早くに情報取得出来ますよね。しかし、スマートフォンの場合は無料で閲覧でき、さらに、決まった時間に情報が配信される上に、電車でも新聞を広げずに、スマートフォンで手軽に見れます。また、企業から出されている情報であるため、信ぴょう性が高い情報を見れることが出来ます。このことから、私は新聞の利用率が下がっていくのではないかと考えます。

ハ年賀状なども、今の20代の若者の多くが、SNSや連絡ツールを使って送っています。紙に住所を記載する手間などを考えると、効率的ですね。ここでも、配達員の仕事が減る可能性が高いのが分かりますね。

グーグルのCEOもいっていましたが、これからの20年間で仕事は機械が代行し、便利になっていくと思います。これから先、自分の仕事は機械に奪われるのではないかと、今から何かと考える必要性があるように思えます。

Author

  • 名前:タカ
  • 性別:男
  • 趣味:機械弄り
BACK TO TOP